一番簡単なロト7の買い方

ロト7は、全国の宝くじ売り場や全国にあるみずほ銀行や一部の地方銀行のATMから購入する事ができます。まれに、ロト7を販売していない宝くじ売り場もあるのでロト7を宣伝する看板や旗があれば購入可能なので目印としてみるのもいいですね。

銀行のATMでの購入する際は、利用銀行のキャッシュカードを持っていないと購入することはできません。銀行によってサービスは異なりますが、みずほ銀行では自動で当せん確認や当せん受取をすることができ、利用したキャッシュカードの口座に当せん金振り込まれるので安心でとても便利ですね。

現金での受取はできないようなので実感したいという方にはちょっと残念ですが、換金し忘れを防げるのでいいですよね。当せん金額が300万円以上の場合は通知サービスもしてくれているそうです。地方銀行によって取扱時間やサービス内容は異なってきますので、みずほ銀行以外であれば地元の銀行で取り扱っているか確認してみてくださいね。

販売時間は、宝くじ売り場で午前8時から午後19時までの営業時間内で購入する事が可能ですが、店舗によっては営業時間が異なるので最寄りの販売店の時間確認は必要になります。抽選が毎週金曜の18時45分からとなっているので、営業時間が19時や20時でも金曜日は抽せん日となっているため18時半までの販売となります。

銀行のATMも同じで営業時間内のみとなっています。また、ロト7はインターネットで購入する事もでき、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行を利用することで24時間購入することが可能です。ただし、月~金(祝日を含む)18時半~翌朝8時、土日20時~翌朝8時までは予約扱いとなっています。

最近では、ファミリーマートでも販売しており、8時から20時までの間であれば購入することができます。ここでも同じですが抽せん日は18時半までとなっています。

購入の仕方としては、専用のマークシート式申し込みカードに1~37までの数字が書いてあるので自分の好きな数字を塗り潰します。1枚の申込カードで最大5通りの組み合わせができ、それぞれの申し込み数字に対して口数を1口から10口まで選べ、継続回数を最高5回まで指定できます。

どうしても、数字が決まらない場合は、コンピュータによってランダムに数字を選択してくれる「クイックピック」というものを利用する事もできます。

宝くじ売り場の記入スペースには、「あたるくん」といって数字をランダムに表示してくれるものもあり、出た数字を使ったりをヒントとして利用できます。これを使って当たった人もいるそうですよ。人それぞれにあったの買い方ができるということですね。