不可能に近いロト7の攻略方法

ロト7を購入する時、自分の好きな数字を記入するのもいいですが、やっぱり当たりたいので少しでの可能性のある数字を記入したいものですよね。ロト7やロト6、ミニロトを定期的に購入している人は攻略法として過去のデータなどから次に来るであろう数字を予測しています。

数字はランダムに抽せん機から球が出てくるから予測なんてできるのかなんて不思議な気もしますが、ロト7では統計学は通用しないようなのでみなさん足し算法使って予想しているようです。また、その他の攻略方法として、いくつかあるので紹介したいと思います。

まず、足し算法というものでいくつかやり方はありますが、「超足し算法」といって過去のロト7で第2回から第78回までの範囲で75回も1等、2等の当選数字が出ていたという凄い方法があるそうです。

その他の攻略方法として、偶数か奇数だけの数字を選択し数字を半分に絞り込む方法で、第1回から55回までに奇数だけと偶数だけと各2回ずつ出ているそうです。次は、ある位の数字を除く事で、1の位、10の位、20の位、30位と除くだけで37個から選択しないといけなかったものが27個まで減らす事が出来ます。

過去の第1回から第55回の実績として、1の位なしが5回、10の位なしが10回、20の位なしが4回、30の位なしが12回と意外と多いの除くという方法でも確率は上がりますね。そして、前回の数字を外すという方法で、本数字7個とボーナス数字2個の計9個を外すので28個から7個を選択するだけになります。

このパターンでの当選は55回のうち8回存在するので6回に1回は出てくる事になりますね。次は、買う範囲を崩さす購入する事です。4から28や9から29までなど自分で範囲を決める事でブレがなくなり数字も37個から選択ではなく21個と狭くできます。当選確率的には少ないですが、攻略の1つとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後には、機械任せにするです。「クイックピット」と言って自動で数字を選んでくれるサービスがあります。機械任せだと当たらないようになっているのではと思いますがが、実際クイックピットで1等を当選した人もいるようですよ。

いくつか攻略法を紹介しましたが絶対当たるというものではなく、参考としてなので自分にあった方法で試してはいかがでしょうか。まずは購入しないと何も始まらず、高額当選者が口を揃えて言うように、攻略方法の秘訣として「運」「ひらめき」「継続・忍耐」も大事と言っています。