意外に高いかもしれないロト7確率

ロト7には、「理論値」ではありますが条件に対しての見込み当選金額と確率があります。1等は申込数字が本数字7個全て一致で、「4億円」で当せん確率は1/10,295,472となっています。

2等は申込数字が本数字と6個一致とボーナス数字2個のうち1個と一致で、「約1,000万円」で当せん確率は14/10,295,472となっています。

3等は申込数字が本数字と6個一致で「約100万円」で当せん確率は196/10,295,472となっています。

4等は申込数字が本数字と5個一致で「約12,500円」で当せん確率は9,135/10,295,472となっています。

5等は 申込数字が本数字と4個一致で「約2,000円」で当せん確率は142,100/10,295,472となっています。

6等は申込数字が本数字と3個一致とボーナス数字1個または2個一致で「約1,000円」で当せん確率は242,550/10,295,472となっています。数字が合致していればOKなので、数字の並び順は当せんに関係はないそうです。

こんな確率ではどうせ当たらないんじゃないのなんて思ってしまいますよね。当選確率をアップする方法もあるみたいですよ。

実際に高額当選者にアンケートをし「当選確率をアップする予想攻略法は」と聞くと、秘訣は「運」「ひらめき」「継続・忍耐」が最大の幸運を呼び寄せたと回答しているそうです。

1回で当選すれば本当にラッキーですが高額当選者の方々は「継続は力なり」の言葉があるように自分で努力して幸運を呼び寄せたと思う人が多いみたいですよ。ロト7を購入する人は、キャリーオーバー分も含め最高当選の1等8億円を目指しています。

確率的に1/10,295,472と当たらないであろう確率に思えますが、継続して購入したり、過去のデータを分析して次に来るであろう数字を予測することで少しでも当選に近付けているそうです。

また、一人で購入すると負担が大きいですが共同購入することで、購入回数を増やす事もでき、ひらめきや予想も多くでてきます。もちろん、当選金はみんで分配にはなりますが、購入する口数や予想数字が多ければ当選確率もあがるのでいいですよね。

過去のデータを基に、ロト7の次に来る予想数字をだしているサイトもあります。また、次に来る数字とは別に今回は来ないであろう数字も掲載しているサイトもあります。

みんな当選するために必死に分析しているのです。分析なんて自分で出来ないし、でも当たりたいななんて思う人もいると思います。高額当選者が言っているように「ひらめき」も当たるコツの一つなので、まずはこの数字にするとひらめいたものを購入してみてはいかがでしょうか。